Ozone Makoto Trio - "Spring Is Here"

小曽根真が "OZONE" でデビューしたのが1984年だった。彼の天才ぶりを見逃さなかったクインシー・ジョーンズも、その後ワールド・ツアーを一緒に回ったゲイリー・バートンも彼の天賦の才能を一瞬に見抜いたアーティスト達であった。"OZONE"もゲイリー・バートンのプロデュースだったし、中で一緒にやっているトラックもあるよね。その後、86年と87年に米CBSからぱたぱたと3枚のアルバムが発表されたが、これはその内の一枚。

Spring is Here・・・このアルバム、全体的に若々しく迸(ほとばし)るエネルギーに満ちているが、その中で一番おとなしいこの曲が、アルバム・タイトルにもなっている。
神戸の某ライブハウスで、小曽根さんにお願いして目の前で弾いてもらった想い出もあり(この時は鳥肌がしばらくひかなかった!)、このアルバムの中でもこの曲が一番好きかもしれない。ジョージ・ムラーツ(b)がこの新進気鋭のピアニストに、ガチでメロディー勝負を挑んでいるのがわかる。ロイ・ヘインズ(ds)のサポートも見事!

このCBSの初期アルバム群から20余年、彼は小曽根真から「世界のオゾネ」になってしまった。そんな彼の足跡から、仮に一枚のアルバムを選べって言われれば、それは超難問だろう。他の優れたミュージシャンがすべてそうであるように、時期時期に考えうる最高の音を世に問うミュージシャンの作品を、横一列に並べて品評会をしようとは思わないし、やれば最高の失礼にあたると思う。この一枚は、20年以上聴いてもまったく色あせない私の愛聴盤のうちの一枚にすぎない。

※なぜかこのアルバム、音量レベルをかなり抑えてMixしたのか、他のCDに比べて音圧が極度に低い。ボリュームを二目盛りぐらい右に回してちょうど良い。せっかくのエネルギー感が技術上のミス(?)で犠牲になっているのは惜しい。

(筆:しろくま)






コメント
アルバムのご紹介、嬉しく読ませて頂きました。
先日21日に「OZONE」でデビューされて25周年だとHPから
知ることができました。

小曽根さんがDJされています「OZ MEETS JAZZ」で
JAZZの魅力を教えて頂け、毎週のクリエイティブな合言葉(笑)も
楽しかったり、今はこちらでお聴きできなくなってしまいましたが、

以前、ラジオでDJされていた塩谷哲さんの放送から、
「雲の上の存在の方で,大変崇拝しております」という一言のお陰で、
小曽根さんを知るキッカケを頂きました。

因みにその時、リクエストでかけられた曲は
アルバム「TRESURE」からマイケル・ブレッカーとの「Three Wishes」でした。
大興奮をしたことは今も忘れられません!

ソロにトリオ、ビッグバンドなどなど、様々なご活躍をされていますが、
今後もますます、小曽根さんから耳も目も離せられません!
あるFM局のDJさんから小曽根さんは「世界の小曽根真大先生」と呼ばれています!
  • いずみ
  • 2009/11/24 12:41 AM
いずみさん、コメントありがとうございます。どうも古くからジャズ聴いている人は、日本人のしかも若手(小曽根さんはもう決して若手ではないですが)の人を斜めから見る傾向がありますが、いいものはいい!んです。才能があまりに多岐にわたると、スケールの大きさについていけない人が出てくるのはやむをえないとは思うのですが。いま横で No Name Horses の音が鳴ってますが、聴きながらそんなことを感じています。

当地ではBANBANラジオで OZ Meets Jazz が聴けますが、最近この番組の終了直後、我がTOBAN JAZZ CLUBの部員募集CM(40秒)が流れております。
  • しろくま
  • 2009/11/24 9:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

表示中の記事

コメント

サイト内検索

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB