William Claxton Cover Photo Series Vol.12

まだ続きます、このシリーズ。今年もよろしくお願いします。
変化球でも、、、と思ったら、手近にあった、この超有名作。



オツトメを終えたペッパーさんが当時のマイルスの“ザ・リズムセクション”と録音した一枚。
なかなかヤンチャだったろうペッパーさんも、この共演には緊張しまくりだったとか。
そりゃ、あのマラソンセッションや『Round MIdnight』等々、帝王の下、伝説をリアルタイムで刻んできた御一行との
セッションとあれば、普段の西海岸の顔馴染み(彼らももちろん素晴らしい)との演奏とは同じ心持ではいられないでしょう。
まぁ、ペッパーさんでなくとも、自分の演奏がいかにこのリズムセクションに受け止められるのか、己の力量の一つの判断基準となるでしょうから、武者震いしそうな高ぶりを肌身に感じそうですね。
アルバムジャケットでは、涼しい横顔でスマートに決めているペッパーさんですが、心中穏やかではなかったはず。笑

さて、そのペッパーさんとリズムセクションの邂逅の結果は如何に…
 





コメント
コメントする








   

カテゴリー

表示中の記事

コメント

サイト内検索

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB