初めて楽しめたジャズベースはペデルセン

 
ロックから洋楽に入ってブルースやフュージョンをうろつきながらそろそろジャズも聴いてみたいな・・・なんて思っていた頃に人から勧められて聴いてみたのが Niels Henning Orsted Pedersen です。

勧められたのはKenny Drew Trio 名義で録音したものでした。CDで再発されたのは多分 ALCR-255 の HUSH-A-BYE。
(ジャケットがイラストに変わっていてちょっと残念)

 1. DONNA LEE
 2. YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE
 3. GOLGATHA
 4. CARELESS LOVE
 5. DJANGO
 6. A PRETTY GIRL
 7. EVENING IN THE PARK
 8. BRIDGETOWN BABY
 9. HUSH-A-BYE

それまでも背伸びして定番の名盤とかを聴いてみたりしたこともありましたが、当時はイマイチよく分からなかった。ベースソロになるとリズムが取れなくなったり、何小節進んだのか分からなくなったりして…。そんなところでこのアルバムを聴きました。

第一印象は「今までのより聴きやすい。」
この人の演奏は早いフレーズもよく出てきますが、ベースラインが結構クリーンに聴こえてくるので、
かなりユルイ音感の私でもラインが聞き取りやすく、初心者なりに楽しんで聴くことができました。
またジャズに慣れていない耳でも常に一定のパルスをリズムの中に感じる事ができるので初心者としては聴きやすいなと思いました。

(タイトル曲の HUSH-A-BYE は今でもお気に入り)

その後も Pedersen の音源をいくつか聴きましたが、90年代に入るとさらにクリーンで綺麗なトーンになったように思います。
また、つい最近 Joe Pass とデュオで Donna Lee を演奏しているモノクロ映像を見ましたがすごいですね。Jacoよりも早いテンポでユニゾン?してました。

また、改めてペデルセンをじっくりと聴き直してみたいと思います。


(筆:hiro) 









コメント
コメントする








   

カテゴリー

表示中の記事

コメント

サイト内検索

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB