JOHN TROPEA -- "Something Old, New, Borrowed and Blues"



みなさまはじめまして
会員No,35 hiro でございます。
今日は、「最近こんなの聴いてます・・・」ということで一枚紹介いたします。

ちゃんとしたジャズを聴いていこうと思いながら
なかなか本格的なものに手が出せず
ついつい耳あたりの軽いモノに走りがちなジャズ初心者です。

昔、ブルース、フュージョンなんかを聴いていたので
どうしてもその系統の音源に手が出てしまいます。

JOHN TROPEA
Something Old, New, Borrowed and Blues
(VACM-1143)

 1. Ol'School
 2. You Are My Heaven
 3. Donna Lee
 4. Keep On Truckin'(Baby)
 5. Cute Song
 6. Let's Get It On
 7. Cuban Nights
 8. The Long And Winding Road
 9. Close, But No Guitar

ジャズの曲って3曲目の Donna Lee だけですね?多分(汗)

ベースがウィル・リー、ドラムがスティーブ・ガッドって事だけで購入しました。
あとのミュージシャンはあまりよく知りません。
ちょっとブルースっぽい曲があったり、ノリがかっこええ曲があったりで
「自分的に当たり」でした。
大抵、車内で聴いて心地良くドライブしております。

ちょっとジャズからは離れているかもしれませんが、
これは「R&Bフュージョン」ですね。
(CDの日本語の帯にも書いてあります)

いつか渋いJAZZアルバムが楽しめる人間になれますように。


(筆:hiro)







コメント
hiroさんよろしくお願いします。実に渋い、ツボなギタリストですな〜。このあたり、ジョン・トロペイもそうですが、デビッド・スピノザとか、ヒュー・マクラッケン、スティーブ・カーンなどのギタリスト、僕も大好きです。
  • 加藤トシロー
  • 2011/02/10 9:10 PM
こちらこそよろしくお願いいたします。

そのあたりあんまり詳しくなくて…(汗)
スティーブ・カーンだけは1枚持ってます。
EYEWITNESS。
アンソニー・ジャクソンにスティーブ・ジョーダン、マノロ・バドレーナ。
今思えば贅沢です。
3曲目のAUXILIARY POLICEこればっかりよく聴いていました。
  • hiro
  • 2011/02/10 9:52 PM
コメントする








   

カテゴリー

表示中の記事

コメント

サイト内検索

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB