Kozma Orsi Quartet -- "Hide And Seek"


 音楽の世界で、'カテゴリー' や 'ジャンル' という言葉は、ときに虚しく響く。例えばこのアルバム・・・体裁としては「女性ジャズヴォーカル」そのものではある。しかも、ボーカリストの名前をそのままグループ名にしているのだから(その事自体珍しいよね・・・)、誰がみても'ボーカルもの'には違いない。

しかしこのアルバムをステロタイプ化したジャズ・ヴァーカル・アルバムとして聴いてしまうと、おそらく本質を見失うことになるだろう。要はそういう陳腐な視点から、歌がうまいだの下手だのとアウト・フォーカスな評論をして欲しくないわけね。どうしてもジャンルの枠をはめないと気が済まない人には、East-Euro Jazzの一つの新しいかたちだとでも理解しておいていただきたい。

ヨーロピアン・ジャズについて詳しいわけではないけれど、彼の地(特に北欧や東欧)のジャズはポップなものとの間に線を引こうとは思っていないように見える。これにはいろんな背景があると思うけれど、少なくともジャズをブラック・オリエンティッドな世界に閉じ込めようとはしていないようなのだ。

そういう意味でも、とりあえず一発目、次のビデオクリップを見ておこう・・・
  http://www.youtube.com/watch?v=D9LpX0L2PNI
このワイルドぉ〜!なおネエちゃんが、下に紹介するしっとりとしたジャズアルバムを作っちゃったわけで・・・。その断層のズレみたいなところが何とも小気味良い。ボク達が慣れ親しんできたジャズの楽曲とはちょっと味わいの違うものが混在しているけれど、ポップ・ジャズ(あるいはジャズ・ポップ)とは全く違う・・・全体としてしっかりとジャズっているのだ。
ちなみにご紹介のCDジャケットのデザインもまた、独特の風味を漂わせているよね。東欧のゴシック・ロリータなのかも・・・(筆者はこういうのも好みだけれど・・・笑)。

さて、Kozma Orsi ・・・初めて名前を聞かれる方に紹介すると、ハンガリー共和国で活躍する若手(おそらく20代?)のミュージシャンだ。大衆受けするようなポップなものから、ちょっとパンクで前衛的なもの、そして大陸的なロマンチシズムをそこはかとなく漂わせるバラードまでを、卓越した歌唱力でワイドレンジににカバーしてしまう。

声質は透明感のある'可愛い声なのだが、それをウリにして安住することを良しとしないダイナミクスが秘められている。

その彼女が2008年に結成したのが標題の Kozma Orsi Quartet だ。
  Kozma Orsi (Vo) 
  Cseke Gabor (pf)
  Hars Viktor (b)
  Mohay Andras (ds)
詳しくは、日本でのCDリリース元 Whereabouts Records さんのサイトを参照してほしい。10曲中7曲まで試聴することもできる。

  http://whereabouts-records.com/kozmaorsiquartet_artist_info.htm

Kozma Orsi Quartet の1st ジャズアルバム "Hide And Seek" は現地では2008年のリリースだが、日本ではまだ出たてのホヤホヤ!この記事を書いているわずか2日前だね。

現地では今月21日にもう二枚目のアルバム ”Embrace" が発売になる。大人の女性への階段を一挙に駆けあがろうとしている彼女のイメージを演出しているかのようにも見える。音源を早く聴いてみたいものだ。
さて、今回お勧めの "Hide And Seek" だがどの曲もよく出来ていて、最初の一音から最終トラックの余韻に至るまでハンガリアン・ジャズの洗練された音造りを堪能することができる。スタンダードナンバーは#1 Save Your Love For Me と #6 Sleepin' Bee のみ、他は Cseke Gabor(pf)と Hars Viktor(ds) のオリジナル曲でかためられている。ジャズのデビューアルバムとしては立派なチャレンジと言わなくてはならない。
ゲストもまた多彩・・・#5 Unreachable では日本でもいち早く人気を獲得した Harcsa Veronika と、そして#9 You'll Find My Soul ではお馴染 Szaloki Agi と見事なハーモニーを紡ぎ出している。#8 Two Chances でフィーチャーされている Olah Szabolcs のギター・ワークも光っている。

個人的にはスイング感のある #2 Magic Dust や、グルーブ燃え立つ #4 Our French Connection、#7 Bitter Lime、前掲#8 などが好みだけれど、やはりアルバムタイトルチューンの #10 のHide and Seek が印象的・・・いつまでも耳に纏わりつく格別の一曲だ。

http://kozmaorsi.hu/
myspace



(筆:しろくま)







コメント
コズマ・オルシを知りましたのはTJCのしろくまさんからのメールでブログにアップする前のことでした。早速official websiteにアクセスして言語をハンガリー語から英語に切り替えますと耳にしたことのない不思議な唄に釘づけになり、ピアノトリオのバックの音も何回も繰り返し聴き直しました。ジャンルを範疇に分類することはナンセンスですが、歌のジャンルは明らかにジャズとは言い難い。でも彼女の歌伴をしているピアニスト「シーク・ガボール」の音は旋律の余韻をトレースしながら余分な音は一切入れない演奏は彼の素晴らしい楽曲センスのたまものであろう。左手の現代的なコード・ワークには斬新な響きがする。ベーシストの「ハルス・ヴィクター」はここでは電気ベースを演奏していると思われるがウッドベースを演奏しているかの印象をリスナーに与えてくれる。このトリオの演奏からは明らかに新しいジャズの響きを感じることが出来る。まだCDを購入していないので詳しいことはわかりませんがハンガリーのJAZZのレベルの高さに驚かされます。コズマ・オルシにスペシャルゲストと参加しているvocalのサローキ・アーギ、ハルチャ・ヴェロニカの歌も是非聴いてみたい。
このブログで紹介されているVideoを聴きますとJAZZファンは奈落の底に突き落とされ強烈な失望感を感じるに違いないがでも心配は無用ですね。コズマ・オルシは素晴らしいサイドメンに恵まれ将来有望でノラ・ジョーンズ、ダイアナ・クラール、ヒラリー・コール、ソフィー・ミルマンを必ずや超越するジャズシンガーになると思われる。日本でも同じことがいえる例を紹介します。JAZZ VOCALISTの清水ひろみさん(大阪出身)はサンフランシスコ生まれでNY在住のジャズピアニスト「ドン・フリードマン」に恵まれ一躍時の人となり今JAPAN TOUR中ですね。余談になりますが先日ドン・フリードマンが清水ひろみさんと小田原にやってきましたが場所がお寺と知り愕然として行くのをやめました(笑)。
  • 眦長暢
  • 2010/10/12 8:47 PM
高田さん、コメントありがとうございます。
たしかにピアノとベースが音数少ないながら光るものがあるなと私も思いました。ドラムスがあまり活躍する場が与えられていませんし、アピールにも出てきませんね。まま、バチバチ叩くような楽曲もないのではありますが。

清水ひろみさんは知りませんでした。これからチェックしてみます。

引用されている現在売れっ子のボーカリストについてですが、ダイアナ・クラールはちょっと格が違うかなという気がしますが、総じて商業的なプロモーションによって浮かびあがってきた人達のようにも見えてしまいます。某さんからのお勧めもあってヒラリー・コールをこの間から聴いているのですが、どうも耳奥の琴線が弾かれません。ノラ・ジョーンズに至っては売れ出した頃にうん?てな感じであとは音源をチェックすることもしていません。食わず嫌いかへそが曲がっているかのどちらかでしょう。
  • しろくま
  • 2010/10/13 6:25 PM



昨日気付いたのだが、このCDの販売元 Whereabouts Records さんのホームページのトップに、このブログ記事のことが取り上げられていました。

http://whereabouts-records.com/home.htm

こんなかたちでインディーズレーベル側と相互にリンクができれば、何かが生み出せないか・・・昨今の音楽産業の有様を鑑みつつ・・・そう思います。

  • しろくま
  • 2010/10/19 11:53 AM



ハンガリーでは21日に新譜「Embrace(抱擁)」がリリースされましたが、さすがに東欧のCDはネット通販では容易には手に入りません。

http://kozmaorsi.hu/
http://www.myspace.com/orsolyakozma
の視聴で聴くことができますが、第2作はまたうってかわってシンセを多様したコズミックなサウンドになっています。トニー・ラカトッシュのサックスがなかなかいいですが、Jazz色はかなり後退した感じです。こんなジャズがあってもいいじゃない?と思わせる盤だと思います。(早く全体像を聴きとりたい・・・)
  • しろくま
  • 2010/10/24 8:19 PM
コメントする








   

カテゴリー

表示中の記事

コメント

サイト内検索

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB